カラースクールT.A.A
お問い合わせはこちら

白檀ものがたり その1

白檀ものがたり その1

2022/02/12

香り文化のルーツはインド

 
ひと口に『お香』といっていますが、本当の意味での『お香』というのは、「白檀」と「沈香(伽羅を含む)」の2種類だけなんです!
 
それ以外は、香木ではないので、香原料と呼んで区別しています。
 
中でも白檀は、常温でも温めても燃やしても、それぞれにいい香りがするの万能のお香。
インドの人たちは、遥か昔から、この効用を自分たちの生活に活かしていました。
 
 
白檀は、サンスクリット語でChandana(チャンダナ)と呼ばれました。
 
これが、「チャンダナの木」→サンダルの木=サンダルウッド(英語読み)です。
Chandanaの意味は「身も心もさわやかにして、活力を与える」とのこと。
 
白檀は、古代インドにおいても、非常に重宝されました。
香料としてもすぐれたものであるのと同時に、クスリとしての効能がたくさんあったからです。
 
古代インドのアーユルヴェーダ(インド医学)には、欠かせないものでした。
その効用としては、黄疸を治すものであったり、喀血を治す、あるいは、解熱剤としても使われたということです。(医学書「チャラカ・サンヒター」「スシュルタ・サンヒター」より)
 
 
使い方は、粉末状のものに水を加えてペースト状にして塗ったり、その粉末を飲んだりしたようです。
 
ヨーロッパでは、今でも、アロマを薬として処方する所もあるようですが、そのルーツはこんなところにあったのですね。
 

----------------------------------------------------------------------
彩り香
〒600-8415
京都府京都市下京区因幡堂町651
電話番号 : 050-1558-3278


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。