カラースクールT.A.A

タグ『歴史』のページ一覧

お問い合わせはこちら

タグ『歴史』のページ一覧

タグ『歴史』のページ一覧

page

日本の歴史に触れながら和の文化を取り入れた上質な暮らしを実現しませんか。古来お香には様々な役割があったとされており、その一つひとつを学びながら日常生活に取り入れることでワンランク上の質の高い生活が過ごせるようになります。香り・色彩・伝統文化それぞれを融合させた新しい習い事を始めませんか。

東雲・・・しののめ、と読みます。東雲さんという名字を持つ人も、北海道を始めとして、全国に約700人おられるそうです。東雲色(しののめいろ)とは読んで字のごとく、東の雲の色です。東といえば、朝の…

納戸色(なんどいろ)は、緑みの暗い青色です。色名の由来は、諸説様々。納戸に出入りした役人の着物の色、だったり、納戸にかかっていた幕の色、だったり・・・。また、納戸に置かれていた藍染めのもの…

丹色(にいろ)の『丹』は、赤土のことです。土の中の水銀と硫黄(いおう)が化学反応を起こした結果、できる色です。そして、鉛の酸化物である『鉛丹(えんたん)』も、上質で高価な『辰砂(しんしゃ)…

江戸紫は、青みを帯びた紫を表現する色名です。この時代、江戸が政治の中心になったとはいえ、帝のおられる京都と比べれば、まだまだ発展の余地がありました。そんな土地のひとつ、武蔵野は紫草(むらさ…

蘇芳(すおう)という色は、縹色(はなだいろ)と同様に、大変古くから使われてきた色です。蘇芳という木の芯材を煎じて染めるという技法と共に、飛鳥・白鳳時代に大陸より伝わったとされています。お香…

今も上品な色合いが人気の銀鼠(ぎんねず)の着物。江戸時代も、やはり人気の色でした。江戸時代は、ぜいたく禁止令が出され、庶民が身につけるものに対する制限がかけられました。柄や色に関してはもち…

織部色(おりべいろ)という色は、茶道の心得がなくても、陶器の質感と共に覚えがあるのではないでしょうか?織部というのは、古田織部の通称で知られる武将の名前で、本名を古田重然(ふるたしげなり)…

若紫といえば、源氏物語が連想される人が多いのではないでしょうか?光源氏に最も愛された、もう一人の主人公、紫の上のことですね。源氏物語は、「紫のゆかりの物語」と呼ばれたほど、紫色をベースにし…

褐色は「かちいろ」と読む場合と「かっしょく」と読む場合で、色が異なります。「かちいろ」と読むのは、紺色よりもさらに濃い藍色。「かっしょく」と読むのは、いわゆる焦げ茶色のような濃い茶色。もと…

ゴッホやモネが、日本の影響を受けたという話は有名ですが、そのきっかけになったのが浮世絵でした。浮世絵の「浮き世」というのは、「憂き世(うきよ)」といって、「浄土」の反対を意味する言葉。つま…

優美で華やかな平安時代に親しまれた和の色と香りを融合させた、カジュアルなお香講座を開催しています。歴史の重みの中で育まれてきた伝統的な文化に触れながら心穏やかなひとときを過ごし自分自身と向き合いませんか。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。