カラースクールT.A.A

タグ『歴史』のページ一覧

お問い合わせはこちら

タグ『歴史』のページ一覧

タグ『歴史』のページ一覧

page

日本の歴史に触れながら和の文化を取り入れた上質な暮らしを実現しませんか。古来お香には様々な役割があったとされており、その一つひとつを学びながら日常生活に取り入れることでワンランク上の質の高い生活が過ごせるようになります。香り・色彩・伝統文化それぞれを融合させた新しい習い事を始めませんか。

『亜麻色(あまいろ)』というのは、亜麻の繊維の色で、黄色がかった薄い茶色です。西洋では、若い女性の明るい金髪を表す時に用いられることがあります。ドビュッシーの『亜麻色の髪の乙女』のイメージ…

呂色というのは、うるし塗りの技法のひとつ、呂色塗り(ろいろぬり)の色です。呂色塗りとは、生うるしに油類を加えずに精製したものを刷毛で塗った後、炭を使って磨き上げるという塗りの技法のひとつで…

珊瑚(さんご)は、古くから宝石としての価値がありました。仏教において、貴重とされる7つの宝(七宝)にも含まれています。<七宝とは>金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、(しゃこ)、珊瑚(さん…

象牙(ぞうげ)は、ゾウのキバ。このキバ欲しさに、ゾウの乱獲が続いたのには、私たち、日本人にもかかわりがあります。象牙でできたもの・・・・・あなたの家にも、一つくらいはないですか?かつては、…

天色は、晴れた空の色。『あまいろ』『あめいろ』と読みます。晴れた空が、青く見えるのは、光の性質によるものです。天から降り注ぐ太陽の光は、空気中にただよう小さな障害物に当たって、散乱します。…

お香が、初めて日本にやってきたのは、いつ頃でしょう?最初に流れ着いたところは、淡路島の北の方。神戸あわじ鳴門自動車道北淡インターより車で7分ほどの所です。現在では、流れ着いたというところに、…

躑躅色(つつじいろ)は、何故こんな字がつかわれるのか、不思議と思いませんか?だって、花の名前なのに動物の事みたいに”足偏”なんて・・・・・ツツジは、日本原産の植物のため、その歴史は古く飛鳥時代には…

翠色・・・・・音読みで、すいしょく。訓読みで、みどりいろ。碧・翠・緑これらは全て『みどり』です。『みどり』というのは①草木の新芽②色の名。青、萌黄(もえぎ)などに通じて使われた。(岩波古語辞…

紅の八塩(くれないのやしお)って、なんだか色の名前とは思えない、きれいな響きだと思いませんか?事実、検索をかけると施設名として出てきて、ちょっとビックリしました。色名としては、とても古いで…

紫檀(したん)は、木材の色です。紫檀のタンスといえば、最高級の家具。他には、仏壇や仏具、琵琶や三味線などの楽器にも使われています。木質が緻密で、重くて固いというだけでなく、磨くと美しい光沢…

優美で華やかな平安時代に親しまれた和の色と香りを融合させた、カジュアルなお香講座を開催しています。歴史の重みの中で育まれてきた伝統的な文化に触れながら心穏やかなひとときを過ごし自分自身と向き合いませんか。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。