カラースクールT.A.A

京都で食べる|日本最古の甘味は、お香の香りのお菓子

お問い合わせはこちら

京都で食べる|日本最古のお菓子の店は、八坂神社のはすむかい(ナナメ向い)

京都で食べる|日本最古のお菓子の店は、八坂神社のはすむかい(ナナメ向い)

2022/04/10

実は、これ『清浄歓喜団』といいます。

 

私は、個のお菓子のことを、30年以上前に知りました。

その当時、入院していた友人を見舞いに行ったとき、彼女から聞きました。

 

これってね、日本最古のお菓子なんだって!

そしてね、お菓子のルーツなんだって!

一回、食べてみたいなあ・・・


なんて言うのを聞いたら、行くでしょ、買いに・・・

幸いお店のある場所は、八坂神社のはす向かい(ナナメ向い側)

バスに乗ったら、すぐ近く。

「ちょっと待っててね!」

とこれを扱う、京都の老舗和菓子屋『亀屋清永』さんへ・・・

 

 

そして、病院で、彼女と二人、食べてみました。

味は・・・・なんだか薬っぽいね・・・・

 

マズイのではなく、カラダに効きそうって感じです。

調べてみて、初めて知ったのが

『このお菓子、お香が入っているんだ!』

 

日本最古のお菓子は、奈良時代、仏教伝来とともに唐の国からやってきました。

白檀(びゃくだん)、龍脳(りゅうのう)、桂皮(けいひ)などと共に『あまずら』を使って、甘味をだしたものでした。

 

この時代、お菓子にも、クスリにも、厄除けにも、お香は大活躍だったんです。
 

クスリとしての使い方も、またの機会に書いていきたいと思います。

 

彩り香代表

藤田たかえ でした

 

----------------------------------------------------------------------
彩り香
〒600-8415
京都府京都市下京区因幡堂町651
電話番号 : 050-1558-3278


オンラインでお香と色彩を学ぶ

お香の世界を何度でも体験できる

多くの女性にお香で癒しを

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。