カラースクールT.A.A

お香って、どんなイメージですか?

お問い合わせはこちら

お香って、どんなイメージですか?

お香って、どんなイメージですか?

2022/05/07

お香と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?

 

懐かしい?
古くさい?
お葬式やらお通夜の不幸事?
おばあちゃんの匂い?
それぞれ、色んなイメージを持っておられると思います。

 

Q1. あなたにとっての、お香のイメージは?

 

 

 

 


ところで、お香の香りって、好きですか?

 

好きな方は、たいてい、落ち着くから、とか、穏やかなやさしい香りだからとかおっしゃいます。
そして、たまに
「お香は、あんまり好きじゃないけど、アロマは好き!」とおっしゃる人がおられます。

そういう方は
「お香とアロマ、実は、元は同じなんです!」
とお話しすると、たいていびっくりされます。


あなたは、いかがですか?

 

Q2. お香の香りは、好き?嫌い?その理由は?

 

 

 

 

 

お香とアロマ、もとをただせば同じもの

 

例えば、サンダルウッド。これは英名です。
語源は、サンスクリット語で、チャンダナ。
白檀(びゃくだん)のことです。

チャンダナの故郷はインド。
ここから東へ伝わったものは、白檀として使われ、西は伝わったものはアロマとして、その効能を発揮していきました。

インドの人たちにとってのチャンダナは、神殿に入る前に身を清めるものであり、体臭を紛らせるものであり、そして体調を整える役割を持つものでした。

その芳香には、神聖なものと実用性が兼ね備わっていたのです。

 

Q3. 白檀とサンダルウッドが同じものだと知っていましたか?他に、どんなものがあるか、ご存知ですか?

 

 

 

 

 

ヨーロッパにおいて、アロマが医療に用いられるのと同じように、最初に日本に伝わったお香は『くすり』としての役目を持っていました。
そのお香の中でも白檀は、漢方やアーユルベーダにおいて、万能薬とされています。

このチャンダナ(白檀)、独特の育ち方をするので量産も難しく、さらに熟成しなければあの芳香は得られない、ちょっと気難しい木。
にも関わらず、世界的に需要が伸びている、という状況があり、ますます品薄状態になっているっていうのが現状です。

 

白檀が、貴婦人のような芳香を持つに至る物語については、『香楽師』の養成講座(花コース)で詳しくお伝えしています。ご興味のある方は、是非、そちらで学びを深めてくださいね。

 

お香のイメージ、と書いて、Q1.Q2.Q3.の答えを送って下さい。

 

質問の答えは、彩り香公式LINEのメッセージにて受付中!

 

彩り香公式LINE

----------------------------------------------------------------------
彩り香
〒600-8415
京都府京都市下京区因幡堂町651
電話番号 : 050-1558-3278


オンラインでお香と色彩を学ぶ

お香を学びながら資格取得を

多くの女性にお香で癒しを

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。