線香のメカニズム

どこから香りがするの?

 

《プレミアム体験会》

2021年11月3日(水・祝)

   12月4日(土)

テーマ:手づくり線香にトライ!

 

今月は、おけいこ12のお香ワークでも、線香を作っていただきます。

ところで、線香の香りは、どこから発せられているのか、ご存知ですか?

 

 

①燃えている所

②燃えてしまった所

③燃える前の所

 

正解は・・・・・

③燃える前の所

香りの成分が、温められて広がるんです。

 

一番上は、お役目の終わった『灰』の部分。

 

①の燃えている所は、『火種』と言い、800度近くにもなります。

火傷に注意!

 

②の燃えてしまった所は、炭化して黒くなります。

このすぐ下の部分から煙が出ます。

 

 

お香の香りをチェックするときに、つい、煙を手で引き寄せようとしてしまいがちですが、煙に香りがあるわけではないのです。

 

むしろ、少し離れたところの方が、しっかりと確認できます。

それも、メカニズムを知れば納得ですよね?

 

プレミアム体験会のお線香作りに参加して、ご自身で確認してみませんか?

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事