10月のおけいこでは、抹香時計をつくります

季節によって時間が変わる時計って、合理的かも?

「今、なんどきだい?」

という軽妙な語り口で、失敗してしまう落語『時そば』の話は、聞かれたことがあるかもしれません。

江戸時代の庶民にとっても、身近となっていた時間の観念。

どのようにして、時間を知ることができたのでしょう?

何故、必要だったのでしょう?

 

10月の彩り香のおけいこでは、『香時計』を作って楽しみます。

時間に追われ、慌ただしく過ぎていく日常の中で、改めて『時を刻む』ということを意識させてくれるのが香時計です。
 
 
お寺などに置いてあっても、気にも留めなかった時香盤が、急に身近なものに思えて来るかもしれません。
江戸の時計事情を知ることで、この時代の彼らの日常が見えてくることと思います。
 
今月は、庶民の娯楽として、人気の高かった『浮世絵』と、そこに使われた色で、世界を魅了した日本のブルーについても学びます。
『ジャパンブルーの不思議』がテーマです。
 
 
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事