『五性』のくだもの

熱・温・平・涼・寒 『五性』

これを読んでくださっているあなたは、
「寒タイプ」寒がりさん
「熱タイプ」暑がりさん
どちらでしょう?
女性は、寒がりの人が多いとはいえ、やっぱり夏は暑いですよね。
クーラーでガチガチに冷えるのは嫌だけど、少しの涼しさは欲しい・・・というのは、わがままではなくてカラダが求めている「快適さ」
東洋医学でいうところの『中庸』が、自身のカラダが求める健康なんですね。

外側からの「快適さ」と同じくらい、内側からの「快適さ」を左右するのは、やっぱり食べ物。
食べ物が持つ性質を活かして、カラダを中庸の状態に近づけよう、というのが薬膳の考え方。

食べ物を5つのタイプに分けると(五性)
熱 温 平 涼 寒
これらを『性味』とします。

カラダが冷えやすい「寒」タイプの人が、冷やす食材を必要以上に摂ってしまうことが、『健康』からどんどん遠のくという事は、明白。
寒タイプの人は、カラダを温める食材を摂って、新陳代謝を高めることが必要。
同じように、熱タイプの人は、カラダを冷やして鎮静させ、余剰のものを外に出す食材を摂ることが必要なんですね。

テレビで話題になった「流行の食べ物」が自分に向いているかどうかは、人によって違うから、流行に左右されない、『自分の芯』を持ちましょう。
そのための最低限の知識は、必要ですね。

 

たとえば、今は、夏の後半。
夏の果物だけでなく、そろそろ秋に旬を迎えるモノも店頭に並んでいますね。
【スイカは、涼】
 ・体内の熱を収め、口の渇きによい。
 ・高い利尿作用
 ・血圧降下作用
 ・胃腸の弱い人にはダメ!

 

【桃は、温】
 ・胃腸を温めて、血のめぐりをよくする
 ・食物繊維で体内の老廃物の排出
 ・たんぱく質、カリウム、カテキンを含む
 ・老化防止

 

 

【ぶどうは、平】
 ・イライラの解消
 ・抗酸化作用で老化防止に期待

 

 

【梨は、涼】
 ・のどの痛み、渇きを和らげる
 ・食欲増進
 ・疲労回復
 ・血圧高めの人に良
 ・「百果の宗」※後日記載

 

 

【柿は、寒】
 ・血圧降下作用
 ・貧血予防
 ・二日酔い改善
 ・抗がん作用に期待

 

涼寒タイプのモノは、カラダの熱を落ち着かせるもの
温熱タイプのモノは、カラダの熱を活発にするもの
平性タイプのモノは、どちらにも偏らずバランスをよく保つもの

 

昔と違って、いつでも欲しいものが手に入る時代ではありますが、果物は比較的『旬のもの』が多く出回ります。
美味しいから、好きだから、だけでなく、「カラダが喜ぶもの」をまずは自分自身が身をもって知ることが大事なのかもしれないですね。

続けることで自分で自分のバランスを取ることを習慣にしていく。

これって、私が彩り香を通して目指したいことと重なります。
自分に多いモノ、足らないモノが分からないと、何が必要なのかがわからないように、まずは自分がどう感じるかを意識することが大事

 

ということで、今日のテーマは『自分の芯をもつ』ための
五感を磨き方「味覚篇」ということですね。

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事