12月の彩り会ー染色体験

友禅染の染色体験

『友禅染』というのは、江戸時代に、宮崎友禅斎という絵師が考え出した図案を使って染色したのが始まりです。

彼は、扇にデザイン画を描くことを生業としており、非常に人気作家でした。

その美しい絵を、着物に施したものが大ヒットしたので、染物の名前に冠することになったのでした。

 

 

ホンモノの制作工程

①デザイン画 ➡ ②生地に下絵 ➡ ③糸目糊置き(いとめのりおき) ➡ ④色挿し(いろさし) ➡ ⑤伏せ糊置き(ふせのりおき) ➡ ⓺仕上げ

 

・デザイン画を、青花の汁を使って着物に描きます。

・その上を糊でなぞって、隣り合う色同士が、にじまないようにします。

・そして、染色、色を挿していきます。今回の体験は、ここの部分を楽しんでいただきます。

・本来は、ここで、背景部分の色が、挿した色に混ざらないように糊で伏せ、その後、洗い流します。『友禅流し』というのは、この洗い流す過程を鴨川などで行っていた時の情景描写です。

・最後に、金加工・刺繍などを施し、豪華で美しい作品となります。

 

 

今回の染色体験は、すでに糸目糊置きされたハンカチに、色をさしていく過程を楽しんでいただくものです。

 

染色キットをご用意しますので、手ぶらでお越しいただいて構いません。

染色キットをご購入いたくと、その後、ご自分で小物類やTシャツなどに描いて楽しんでいただけます。

また、ハンカチと面相筆をご用意いただき、ご自身のワークショップとしてもメニューに加えられますよ。

 

 

12月の彩り会は、京友禅の染色体験

12月18日(土)13:00~15:30 リアル

12月26日(日)13:00~15:30 ZOOM

 

・染色キットはいらないけれど、染色体験はやってみたい、という人は、体験用のハンカチと面相筆のみご購入ください。

・ZOOM希望の方は、先に、染色体験キットを郵送します。

 

【参加費】

・入会金 2000円(初回のみ)

・参加費 1000円

・その他 染色体験キット 3800円 

・キットなし ハンカチ1300円 面相筆950円

 

 

・染色キットを申し込みでない方のハンカチは、上の図柄のみになります。

・染色キットをお申し込みの方は、下の4種類から図柄を選んでいただけます。

 

 

※キットを持っていれば、奥田祐斎先生のTシャツデザインみたいな染色もできちゃうかも?

 

 

お申し込みは、公式ラインよりお願いします。

 

1月は、くす玉つくりにしようかと思案中。

まだ試作品ができずに、四苦八苦していますが、日程のお知らせだけ・・・・。

 

1月16日(日)

1月22日(土)ZOOM

 

 

 

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事